Facebook Twitter
health--directory.com

食物不耐症と食物アレルギー

投稿日: 8月 7, 2023、投稿者: Gino Mutters

一部の個人は、牛乳内の砂糖である乳糖に敏感ですが、チーズ、ヨガリー、サワークリーのような他の乳製品に耐えることができます。 それは食物の感受性または不耐性の良い例であり、日記製品に対するアレルギーはありません。 アレルギー攻撃を受けた個人は、ほとんどの形態の乳製品に対して反応する可能性があり、通常、外向きの症状は悪化し、より耐久性があります。 | - |

小麦製品内では、子供がグルテンに耐えることができない場合がありますが、成長したり不寛容になります。 ただし、これは小麦のタンパク質に対するアレルギー攻撃と見なされる場合があります。 しかし、子供はまた、その中に小麦があるものにも反応します。 子どもたちはアレルギーをも超えて成長する可能性があるため、良い医師が天候に知らせるのが難しい場合があります。 | - |

MSG(Mono-soduim glutamate)食品の風味は、実際には食物不耐性の一般的なトリガーです。それは実際にフレーバーエンハンサーとして使用され、人々を使用してフラッシング、頭痛、しびれを引き起こします。 それはまだ反応をトリガーするのにどれだけのMSGが必要なのかはまだわかりませんが、それでも個人ごとに変化します。 一般に、膨大な量がより深刻なアレルギーを引き起こします。 | - |

多くの食物やワインのプラリティブなものとして使用される硫黄は、アレルギーのリアチングを引き起こすとともに感受性を引き起こす可能性があります。 これは個人に依存し、チェックする最も簡単な方法は、アレルギーの専門家を介して血液検査を行うことです。 彼らは、どの種類の反応が引き起こされているか、あなたの息子や娘の問題を判断し、それが実際にどちらかを適切に扱う立場にあります。 。 | - |