Facebook Twitter
health--directory.com

アスベストの危険性

投稿日: 2月 25, 2022、投稿者: Gino Mutters

新聞を閲覧したり、毎晩のニュースを見たりすると、アスベストの危険のいくつかを知っている可能性があります。 しかし、これらのメッセージでしばしば無視されるのは、アスベストもいくつかの有用な特性を提供していることです。 責任を持って使用され、良好な形で維持される場合、アスベストは害を引き起こすことなく有益である可能性があります。 | - |

アスベストとは何ですか? この単語は、顕微鏡的で自然に発生する繊維性ケイ酸塩鉱物を識別します。 これらの鉱物は、建設業界によってすでに長年にわたって有用です。 アスベストの3つの最も典型的な形態は、chry菌、アモサイト、クロシドライトです。 アスベストは、多くの場合、断熱材、耐火性、屋根、床、他の建築材料とともに見られます。 繊維の有効性と熱に対するアスベストの抵抗により、これらの材料は非常に役立ちます。 | - |

なぜ、人々はアスベストを恐れているのでしょうか? まあ、アスベストは本当に発がん性の毒性物質です。 アスベストを含む材料は、邪魔されずに残されている場合、健康上のリスクではありません。 ただし、これらの材料が損傷した場合、アスベスト繊維は分離し、空中になります。 アスベストが肺に吸入される可能性があるため、人間の曝露がおそらく発生する場合です。 | - |

「安全なレベル」の暴露は決定されていませんが、繊維との接触が大きく、より長い状態で健康上の問題はより正常です。 これらの健康上の問題のいくつかには、アスベスト症、中皮腫、肺がんが含まれます。 アスベストがかつて信じられていたように、頭痛や筋肉の痛みを引き起こすことは事実ではありません。 それらのような当面の医学的問題はめったに見られません。 ほとんどの場合、アスベスト曝露のほとんどの損害を与える健康の影響は、長い時間がかかるまで表面化しません。 おそらく、それが、アスベストの検査が行われたときに、建物の買い手が個人的に注意を払うことを望んでいる理由です。 | - |

環境保護庁(EPA)は、アスベスト繊維レベルを低く抑えるために、他の建物の所有者とともに学校の申請を展開しています。 学生と住民を保護するために、このプログラムは、アスベストを含む材料をどのように認識するかを人々に指導することを目的としています。 さらに、これらの材料を正確に制御する方法と曝露を防ぐ方法について人々を教育します。 適切な教育と慎重な管理により、アスベストからの健康の脅威を理論的に防止できます。 | - |